【2022年10月更新】1万円使って1万円返る!?養老町の「Back to the YORO」キャンペーン

【2022年10月更新】1万円使って1万円返る!?養老町の「Back to the YORO」キャンペーン

2022年10月3日からキャンペーンが再スタートしました!

消費を促すために各地でお得なキャンペーンが実施されています。

中でも規格外なのがBack to the YORO(バック トゥ ザ ヨウロウ)キャンペーン。

養老町以外に住む人が、養老町の飲食店や観光施設を利用すると、支払い代金に応じた金額が電子マネーアプリ「養老Pay」にチャージされます。

なにがすごいって、12,000円使って最大12,000円分が交付されるという破格の還元率!

ただし、その恩恵を受けるには、書類申請やSNS投稿などいくつかハードルがあります。

でもこれを参考にすれば大丈夫!前回のキャンペーンをどのように利用したのかレポートします。

「Back to the YORO 2022」キャンペーン

対象者

養老町に住民登録のある方(申請日時点)

申請期間

2023年2月28日(火)まで

※予算に達したら終了なのでお早めに。前回も応募が殺到し、早期終了しました。

利用期間

「養老Pay」アプリに記載される有効期限まで(前回はチャージより半年間でした)

交付金額

  • 5,000円以上10,000円未満(税込)の利用 → 5,000円分
  • 10,000円以上の利用(税込) → 10,000円分
  • SNSに投稿すると、交付金額以上の利用金額と同額(上限2,000円)が上乗せ

申請回数

申請できるのは、1人1回のみ

手順

  1. 養老町内の飲食店・レジャー施設・観光施設等で支払い、利用内容がわかる領収書をもらう (日用品の購入は対象外)
  2. InstagramかTwitterの利用者は「養老町観光協会」をフォローし、訪問先の写真を「#BacktotheYORO」のタグを付けて投稿
  3. 申請書などの書類(領収書や、上記2以外の人は写真)を役場に持参or郵送
  4. 利用金額に応じて地域商品券電子版を養老Payに付与される(2022年12月以降)
  5. 養老Pay対象店で利用する

詳しくは→養老町HP「Back to the YORO 2022」キャンペーンについて

前回のキャンペーンでやったこと

前回のキャンペーンで実際に何をしたのか、詳しくレポートします。

※2022年1月時点での内容です。

1、養老町内で飲食や観光をして領収書をもらう

対象となるのは、飲食店やレジャー・観光施設を利用した場合に限られます。日用品の購入代金は対象外です。

利用できるのは、現金・クレジットカード・電子決済。「養老Pay」での支払いは対象外です。

領収書は、複数枚を合算してもOK

私たちは、養老町大巻にある「焼肉ゆう」へ行きました。

和牛がメインで、近江牛もありました。カジュアルな雰囲気ですが、クオリティの高いお肉を出してくれるお店です。とても気に入りました。

20,262円を支払い、レシートをもらいました。申請に必要なので、大事にとっておきます。

2、「養老Pay」アプリを登録

スマホで「養老Pay」アプリをインストール後、会員登録をします。

こちらからアクセスできます。

アプリを入手
会員登録をする
必要項目を入力
登録したメールアドレスに認証コードが届く
認証コードを入力して登録完了
支払い時に入力する6桁のパスコードを登録

3、SNSに投稿

SNS(インスタグラムかツイッター)に投稿すると、交付金額以上の利用金額と同額(上限2,000円)が上乗せで付与されます。

「#BacktotheYORO」をタグ付けし、ツイッターに投稿
「養老町観光協会」をフォロー

投稿するには、養老町内の施設だと特定できる写真が必要です。

食べたり遊んでいる人の顔の写真だけではNGなので、看板や外観などの撮影もお忘れなく。

4、申請

養老町のサイトから、申込書やアンケートなどの書類をプリントアウトします。記入して、領収書本人確認書類の写しを貼り付け、「養老町役場産業観光課」へ郵送 or 持参します。

送付先:〒503-1392 岐阜県養老郡養老町高田 798 養老町役場 産業建設部 産業観光課

必要な書類

  1. 申請書
  2. 誓約事項確認書
  3. 領収書等の写しを貼る用紙・・・レシートのコピーを貼りました
  4. 本人確認書類の写しを貼る用紙・・・免許証のコピーを貼りました
  5. 写真添付書類(SNS投稿が可能な方は不要)・・・投稿したので不要です
  6. アンケート 6枚・・・観光に関するアンケート

A4片面印刷で12枚もあり、アンケートの記入が地味に面倒くさいです。

せっかく商品券をアプリにしたのなら、アンケートもデジタル化したらいいのに…。集計する役場の方も大変ですね…。

ちなみに、角2封筒に入れて重さを量ったら、約70gでした。140円分の切手を貼って投函します。

5、「養老Pay」にチャージされる

20,262円を支払い、SNS投稿もしたので、12,000円が翌月チャージされました。

6、「養老Pay」で買い物

養老町内の加盟店で使用できます。アプリを立ち上げ、レジのQRコードを読み込み、金額を入力して支払い。

加盟店はアプリ内で検索ができます。

ちなみに、「丸明」や「藤太」でお肉の購入に利用しました。

利用しなきゃ損!養老で遊んで食べて飛騨牛を買おう

養老には、養老の滝、養老天命反転地、養老ランドなど、大人から子どもまで楽しめるレジャー施設がいくつかあります。

また、「焼肉街道」と呼ばれる道路があるくらい焼肉が有名で、精肉屋もたくんあります。飛騨牛がかなりお値打ちになっている時があるので、我が家は月イチで買い物にでかけています。

申請は少々複雑ですが、肉好きなら利用しなきゃ損なこのキャンペーン。養老で遊んで焼肉食べて、おいしい飛騨牛を買いましょう。(肉限定のキャンペーンではありません 笑)

Instagramで最新情報お届け

CTA-IMAGE Instagramでは「ほぼぎふ」の最新情報を発信しています。よろしければフォローしてください!

養老町カテゴリの最新記事